プチ農業のすすめ

アクセスカウンタ

zoom RSS 秦氏の遺産  -稲荷はINRI-

<<   作成日時 : 2012/03/09 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

聖徳太子の軍事、外交、財政のブレーンであった秦河勝が、太秦(うずまさ:京都右京区)に蜂岡寺(広隆寺)を創建したことは、よく知られている、、


秦氏は、、、養蚕、絹織物(ハタ織)、稲作、鉱山採掘、土木建築など、、さまざまな技術を日本に持ち込んだ、渡来系技術集団としても知られる、、

この集団が渡来したのは、、、応神天皇14年に弓月君(ゆづきのきみ:新撰姓氏録では融通王)が朝鮮半島の百済から「百二十県」の人を率いて帰化し秦氏の基となったと古事記に記されている、、、、

これは、2万人近い移民と言われているので、、、受け入れの土壌は、、かなり以前から醸成されていたに違いない、、

--------------------------

※(因みに、秦氏の本拠地である京都の”太秦(うずまさ)”の名前の由来は、「イエス・キリスト」であるとも考えられる。(ヘブライ語で「イェホシュア・メシアッハ」、あるいは、「イエシュア・メシアッハ」、アラム語で「イシュ・メシャ」、東の国では「イズ・マシ」、「イザ・マシ」、さらに東のインド北部では「ユズ・マサ」と発音され、それゆえ、日本では「ウズ・マサ」になったという説がある。)

http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/00000dna4.htm


-------------------------

また、秦氏は、古来、イスラエル→ペルシャ(アッシリア)→ウィグル(弓月王国)→中国(秦国)→朝鮮(秦韓)→日本(大和国)に 来たとも言われている。

宗教的には古来キリスト教(景教)の系統とされ、日本においては稲荷神社を始めとして、 多くの神社を作ったが、これらは古代イスラエルの影響が強いとされている。

------------------------

河勝は、太子亡きあとの皇極3年(644年)蘇我入鹿の迫害をさけ、海路をたどって坂越に移り、千種川流域の開拓を進めた後、大化3年(647年)に八十余歳で没した。 大避神社正面の海上に浮かぶ生島(国の天然記念物)には秦河勝の墓があり神域となっているため、現在でも人の立ち入りを禁じている。

中国景教の研究により1941年に東京帝国大学より文学博士号を授与された佐伯好郎は、中国ではダビデを漢訳して大闢と書くが、大避神社は、渡来民族である秦氏によって日本にもたらされた景教を祀るために建立されたものである、と。作家の司馬遼太郎は『兜率天の巡礼』において、そのことを述べている。

※ちなみに
戦国大名で知られる土佐国の長宗我部氏が秦氏を名乗るが、、、


■稲荷神社

日本の神社の内で稲荷神社は、2970社(主祭神として)[9]、3万2千社(境内社・合祀など全ての分祀社)[10]を数え、屋敷神として個人や企業などに祀られているものや、山野や路地の小祠まで入れると稲荷神を祀る社はさらに膨大な数にのぼる。


稲荷はINRIが語源と言われる、、、

------wikipedia----------
INRI は、ラテン語の「IESUS NAZARENUS REX IUDAEORUM」の頭字語であり、日本語では「ユダヤ人の王、ナザレのイエス」と訳される。

これは「キリストの磔刑」において十字架の上に掲げられた罪状書きの文であり、磔刑図と呼ばれる磔刑を描いた絵画や、十字架の上のイエス・キリストを彫った磔刑像(crucifix)という彫刻においては、イエスの頭の上に「INRI」という頭文字が記された札・銘板(titulus)が描かれるのが普通である。

また絵画や彫刻によっては、INRI の文字が直接十字架に彫られていたり、イエスの頭上にINRI の文字が現れているような場合もある。古代の磔刑では、処刑場に引かれてゆく罪人の首には罪状を書いた銘板がぶら下げられ、その銘板は磔刑時に十字架上にかけられていた
画像


--------------------------
伏見稲荷神社

和銅年間(708 - 715年)(一説に和銅4年(711年)2月7日)に、伊侶巨秦公(いろこのはたのきみ)が勅命を受けて伊奈利山(稲荷山)の三つの峯にそれぞれの神を祀ったことに始まる秦氏にゆかり深い神社であるが、

秦氏来住以前の原信仰が基礎となったとされる。和銅以降秦氏が禰宜・祝として奉仕したが、吉田兼倶の『延喜式神名帳頭註』所引の山城国風土記逸文(但しこの風土記は延長3年(925年)に編纂の始まったもの)には秦氏が稲荷神を祀ることになった経緯が以下のように記されている。

秦中家忌寸(はたのなかつへのいみき)達の先祖である伊侶巨秦公は稲を多く持ち富裕であったが、稲を舂いて作った餅を的にすると、その餅が白鳥となって稲荷山に飛翔して子を産み社となった。伊侶巨秦公の子孫は先祖の過ちを認め、その社の木を抜いて家に植え寿命長久を祈った。

---------------------------

さて、、、秦氏に関しては大きすぎる課題だ、、、


参考
http://inri.client.jp/hexagon/floorA3F_hb/a3fhb010.html

------かきかけです----------



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秦氏の遺産  -稲荷はINRI- プチ農業のすすめ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる