プチ農業のすすめ

アクセスカウンタ

zoom RSS 源氏と平家は百済系と新羅系の争い??

<<   作成日時 : 2010/02/06 14:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 10

源氏一門と平氏一門の戦いとして知られる「源平合戦」であるが
なぜか合戦絵巻の華麗さがばかりが残像として残っているのだが、どうも単純ではないらしい。


---------wikpedia------copy-------

治承・寿永の乱(じしょう・じゅえいのらん)は、
平安時代末期の治承4年(1180年)から元暦2年(1185年)にかけての6年間にわたる大規模な内乱である。

後白河天皇の皇子である以仁王による挙兵を契機に各地で平清盛を中心とする六波羅政権ともよばれる平氏政権に対する反乱が起こる。最終的には、反乱勢力同士の対立がありつつも平氏政権の崩壊により源頼朝を中心とした主に坂東平氏から構成される関東政権(鎌倉幕府)の樹立という結果に至る。

一般的には「源平合戦(げんぺいかっせん、げんぺいがっせん)」あるいは「源平の戦い(げんぺいのたたかい)」などの呼称が用いられることがあるが、こうした呼称を用いることは適当でないとする議論がある(詳しくは後述)。

、、、、、、、

しかし、平氏政権に反旗を翻した勢力は源氏一族のみで構成されていたわけではなく、単純に源氏と平氏の争いとは言えない。
この乱には熊野勢力や興福寺、園城寺などの寺社勢力が反平氏を掲げて蜂起し、内乱前期においては北陸の在地豪族(義仲とは別個に挙兵[1])や九州の在地豪族など源平という氏族に無縁の勢力も数多く蜂起している。

また、この争乱は、一族や家族、地域の共同体という横の絆と、主君と家臣という縦の絆の相克があり、命を懸けて戦った武士の全てが源氏や平氏という特定氏族に収斂されるわけでもない。

更に、平氏政権も頼朝政権も共に「院政の克服」という歴史的課題を背負い、その中から生じた政権であることなどから、歴史学上はこの呼称は適切とは言えず、年号を付して呼ぶ方が妥当であるとされる。

-------------------------------------------------
、、、、などとされています。


源平の戦いは、源氏が勝利して、鎌倉時代を築くが、、その勢力は関東武士団であり、、源頼朝はミコシとして担がれていただけだ、、、また、、この時代には、平氏、源氏と奥州藤原氏の三国時代であったが、、やがて平家を滅亡した後に、、鎌倉勢によって奥州藤原氏も滅亡するこことになる、、、、、。

※拙者関連Blog  そうだ!東北に行こう-その2(黄金の奥州藤原と義経)
http://tokatu1.at.webry.info/201110/article_5.html


-------------------------------------------------

それより遡り、第50代の桓武天皇(736-806)についてですが、、、、、、。 
-------copy----------------------
画像


 白壁王(のちの光仁天皇)の第1王子として天平9年(737年)に産まれた。生母は百済武寧王を祖とする渡来人末裔和氏(やまとうじ)の高野新笠である。当初は官僚として勤め、大学頭や侍従に任じられた(光仁天皇即位以前は山部王と称された     
-------------------------------------

とあるように、「百済系の天皇」であることは理解できる。

※2010.02.07
 この件ではアラディア さんのコメント欄も参照ください。

そして
桓武天皇の子孫から「桓武平氏」ができる。
その6代後の清和天皇のころには「清和源氏」がでてくる。
いずれも、皇子が関東地方に居住する朝鮮系の人を「武士団」として結集し、その棟梁となった。

そのときに、平氏は百済系が結集し、源氏は新羅系が結集した。
平氏も百済人も赤をシンボルとしている。
源氏も新羅も白色を愛している。
源氏の中には新羅三郎と言う名もみられる。

新羅系の人は、百済系人を「百済なる人=クダラナイ奴」といい、、。
百済系の人は、新羅系人を「シラジラしい、シラばくれる」、、、、。
などお互いに警戒していたといいます。

ここで、源平合戦は「百済系と新羅系」の戦いといえるのだ。
言ってしまえば、「クダラナイ奴とシラジラシイ奴」の戦いなんですが、そこまで言うと
不真面目になってしまうので注意しましょう。

※ただし、関東地方では、埼玉県には高麗郡という地名があったし、高麗川という地名で高麗神社がある。
飯能市の由来は「ハンナラ」、神奈川大磯の高来神社は「高句麗神社」であった。
群馬県の小暮さんは「コグリョ:高句麗」といわれているそうです、、、、。
新羅と高句麗の歴史は後に調べたい。

一方、大阪市生田区はかって百済郡と呼ばれ、平野川は百済川といわれていた。
枚方市には百済寺跡があり、百済王神社がある。

ここでは、「ある」というだけの情報にしたい。

■源平交代説
平清盛 (平家)

源頼朝 (源氏)

その後、源氏に勝った北条氏は平氏(平直方の子孫を自称)

それを打倒した新田、足利は源氏(源義家を祖とした)

織田、豊臣は平氏を自称

徳川は源氏を自称

を名乗っていますから、、「クダラナイ奴とシラジラシイ奴」の戦いは続いたわけです。
、、、あ、また出てしまった。覚え易いフレーズってありますよね、、、、。注意!

この順番からすると次は「平氏」となりますが、、、、、、、、、、、。
※ただし、織田氏は「蘇我氏系」であったのに、、途中から平氏を名乗るのだが、、これは、天下取りのために、、交代説を利用したという説だ。また、家康も「蘇我氏系」から、、将軍になる前に「源氏」に改称した、、。

※追記
織田信長
平朝臣織田上総介三郎信長=平家ですね、、しかも千葉県を名乗るとは、、
豊臣秀吉
本姓としては、初め平氏を自称するが、近衛家の猶子となり藤原氏に改姓した後、豊臣氏に改めた。
徳川家康
本姓は私的には源氏を称していたが、徳川氏改姓と従五位の叙任に当たって藤原氏を名乗り、少なくとも天正20年(1592年)以降にはふたたび源氏を称している[2

つまり、、このころは、、源平交代説が、、時代の流れと言われていたものだ、、。

画像


ただそのころ、百済も新羅も滅びて、919年に北方の高麗王朝が
成立する。さらにモンゴルの「元帝国」の支配下に墜ちる。

1392年には、ようやくイソングにより独立ともいえる国号を「朝鮮」としています。

1592年には豊臣秀吉(平家)は、朝鮮出兵をしています。
軍の隊長には、浮田秀家、小西行長など先祖が朝鮮系が選ばれている、、、、。

韓国の歴史書では、源平から徳川までを百済系と新羅系の争いと見ているそうです、、よ、、、、。

------------------------

※2010.02.07追記 寺社に関するトラブルから推測、、、、、。

源平合戦のもと、清盛に関連して興味深い内容がある。
---------copy-----------
平清盛(1118-1181)は高倉院政の開始に当たって、高倉とともに安芸国厳島への社参を行った。
しかしこれは、代替わりに石清水八幡宮・賀茂神社へ社参するという慣例に反するものであり、園城寺・興福寺などは一斉に清盛へ反抗の姿勢を見せ始めた。反清盛の気運が高まる中、治承4年(1180年)4月には以仁王(後白河の第2皇子)が平氏追討の令旨を発し、源頼政と結んで挙兵した。しかし清盛は迅速に対応し、平氏軍は以仁王と頼政をすぐに敗死へ追い込んだ。しかし叛乱に興福寺や園城寺などの有力寺院が与したことから、清盛は平氏にとって地勢的に不利な京都からの遷都を目指して福原行幸を決行した。
----------------------------
トラブルの原因となった宮島への参拝であるが

★石清水八幡宮は、15代応神天皇(ホムタワケノスメラミコト)270-310を祭っている。→源氏の氏神

★安芸国巌島(宮島)は33代推古天皇(トヨミケカシキヤヒメノスラメミコト)593-628の時代に建造された。→平氏

※38代天智天皇(中大兄皇子)の子の大友皇子、その子の大友与太王が「園城寺」を建立発願した。→天智天皇系
※大友皇子は天武天皇(大海神皇子)との戦いに敗れて自害している。


これは
重要な意味合いをもつように思います、、、、、、、。
推古天皇は29代欽明天皇の皇女です。
※欽明天皇は、応神王朝の血筋、、、蘇我氏が擁立した、、→源氏、

欽明天皇(アメクニオシハルキヒロニハノスメラミコト)545-571は、一説に(新羅本紀)によると、金官加羅の王族であったとされる。
  
欽明天皇が実質的な任那の末王であると断定する説がある

拙者参考Blog 第29代「欽明天皇」は加羅国の「仇衡王」なのか
http://tokatu1.at.webry.info/201009/article_1.html

一説には、欽明天皇は駕洛国(加羅国)の仇衡王と同一人物であるという。

欽明天皇の和号は「天国排開広庭 アマクニオシハラキヒロニワ」らしい、、、、
これは、amekini-osi-para-ki-piro-ni-wa  は、加羅国支配層の言語「ドラヴィダ語」では
天国(亀国)が敗れた首露王の城の大王 となる。


応神天皇は、
------copy------
実在性が濃厚な最古の大王(天皇)とも言われるが、仁徳天皇の条と記載の重複・混乱が見られることなどから、応神・仁徳同一説などが出されている。その年代は、『古事記』の干支崩年に従えば、4世紀後半となる。『記・紀』に記された系譜記事からすると、応神天皇は当時の王統の有力者を合成して作られたものと考えるのが妥当であるとする説がある。

-------------------
また、こんなことも
応神系の皇統は生まれながらに白髪であった。白髪別(シラガワケ)

応神王朝を支えた豪族達は、蘇我、葛城、羽田(波多)、平群、巨(許)、勢、紀などの氏族
これら豪族の連合、合体名が、武内宿禰(タケノウチスクネ)で244年間生きたことになっている。
といいます。

物部氏(日輪信仰、ヤマト地方の豪族で新羅系と推測される)→新羅
蘇我氏→百済系

はご存知、仏教を巡り推進派と廃仏派で敵対関係である。
そうすると、ここでは、
「物部氏=新羅 」VS「蘇我氏=百済」、、の敵対関係となる。

※つまり、、、
物部氏=新羅→平家
蘇我氏=百済→源氏

加えて高麗系や秦氏系、、その他の部族が参入するので、、実際は、、混在する。

※そもそも、、最初に戻れば、、治承・寿永の乱(じしょう・じゅえいのらん)は平氏どうしの戦いとも言えるので、、混乱する。 

-----------------------

■白村江の合戦は源平合戦のルーツではないか

中大兄皇子(後の天智天皇)、中臣鎌足らが蘇我入鹿を殺害し、政権を樹立するのは、645年
661年には、百済を攻める新羅征伐のために天智天皇は出兵をしているが「白村江で大敗」する。
そして※663年:百済滅亡

※白村江(ハクソンコウ)の戦い(唐、新羅連合 x 倭、百済連合)こそ、、、
「源平合戦の源流」では、、、ないのか??


※2010.02.08追記
----------★東アジア(紅白)大戦争★-----------

白村江(ハクソンコウ)の戦い(唐、新羅連合 x 倭、百済連合)

※拙者関連Blog「ニュータウン葦原之中津国島の謎」
http://tokatu1.at.webry.info/201203/article_5.html



-----Wikipedia-------------------

白村江の戦い(はくすきのえのたたかい、はくそんこうのたたかい)とは、663年(天智2)8月に朝鮮半島の白村江(現在の錦江近郊)で行われた、倭国・百済遺民の連合軍と、唐・新羅連合軍との間の、海と陸の会戦のことである。

この戦いは、唐・新羅連合軍の大勝利に終わった。大陸に超大国である唐が出現し、東アジアの勢力図が大きく塗り変わる中で起きた戦役である。この敗戦により領土こそ取られなかったものの、倭国の国防体制・政治体制の変革が起きた。この結果、倭国から日本に脱皮するようになるなどの、大きな影響を日本にもたらした。


戦力

唐軍 7,000人
唐船舶 170余隻
新羅軍 5,000人
-----------
倭国軍 42,000人
倭国船舶 800余隻
百済軍 5,000人
-----------
損害

新羅連合
不明(倭国・百済連合軍の被害よりは小規模)

百済連合
船舶 400隻、兵 10,000人、馬 1,000頭

--------------------------------
無理な作戦を強行しての大敗北である。
このことからも百済と倭の大王とが親密な関係であることは理解できる。

つまり、国内の百済系と新羅系の戦いは、、、半島でも百済と新羅の戦いとなっている。

※一説に蝦夷捕虜を兵士にしたてた計画的な敗戦という説がある。
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-43.html


終戦後に唐の軍事高官が、博多沖に派遣されてくる。(マッカーサー?)
直後に天智天皇が崩御する。

朝廷はこの高官「郭務ソウ」に鎧、甲、弓矢を贈るとともに、ふとぎぬ1673匹、布2852端、綿666斤を贈っている。
「もう-ごめんなさい」、、、、、、なんでしょうか?

当時の敗戦処理が見える


なにがあったのか?


※参考
http://mugentoyugen.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-c126-1.html

※歴史のウラウラ
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub.html


-----------つづく--------------------------






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして
高野新笠自体は在日10世なので、百済人の血は0.098%しかありません。
更に、百済は日本の植民地で、韓国の古文書では武寧王の父は日本からやって来たとも書かれています。

また新羅と百済は民族が違うと言われており、韓国人は新羅系だそうです。
新羅人はどのような経緯で渡来し、定住し皇族と婚姻し源氏のルーツとなったのでしょうか。

クダラナイの語源は複数あります。
江戸で良い酒が作れなかった頃、大阪(上方)からの酒を下り物と呼び有難がり、江戸の酒を下らない物と読んでいたという説もあります。
アラディア
2010/02/07 03:54
アラディアさんコメントありがとうございます。
ブログ内容はほぼ、澤田洋太郎著(新泉社)「伽那は日本のルーツ」 によりますが、刺激的であったので載せてみました。最近の韓国での小沢発言(天皇騎馬民族論)とか亀井さんの(天皇は京都に戻られては、、発言)など刺激的な発言は、日本と諸外国との正しい歴史を認識すべきとの意図で投げられたものと思っています。新しい情報を期待しています。
 
東葛の穴
2010/02/07 10:18
お初にお目にかかります、本件とは関係なく恐縮なのですが・・・、
「そのときに、平氏は百済系が結集し、源氏は新羅系が結集した。
平氏も百済人も赤をシンボルとしている。
源氏も新羅も白色を愛している。
源氏の中には新羅三郎と言う名もみられる。」
・・・とはまるで今の日本国の国旗で使われている「白」と「赤」ではないでしょうか。

まさか日本国旗のルーツは百済と新羅のシンボルをミックスして和合の意味を持って制定する意図もあったと言う事でしょうか。
八筒光(やづつみつる)
2011/11/02 19:07
八筒さん、コメントありがとう御座います。
極東の地は、陽が昇る地と言うことで、太陽が自然神であったでしょうね、、、記紀編纂になって擬人化され天照大神となり、神武天皇以前の神代の神々に加わったと思います、、
聖徳太子が隋の皇帝に「日出る処の大使、書を日没する処の天子に致す、、」と書き送っているところから、特別な国というプライドを感じますね、、
Wikipediaによると、平安時代までは「赤字に金丸」であったらしいが、、、源平合戦では、平氏は「赤地金丸」、源氏が「白地赤丸」であった。ことから勝利者の流れかも知れませんね、、、。
東葛の穴
2011/11/03 15:26
※追記
同じくwikipediaには、、、
室町時代には、朱印船に日の丸が掲げられた、、戦国時代には、伊達氏が日の丸大龍を軍旗とした、、とあり、、江戸時代には、徳川の公用旗として使用、、安政6年(1859)「御国総標」とした。
また、咸臨丸には、日章旗を掲げてる、、、。
明治3年2月(1870.1.27)に商船規則として「御国旗」として規定された。
「国旗国歌法」といして、法律になったのは、最近のことで、、平成11年(1999年)である。
東葛の穴
2011/11/04 18:11
※追記
本文で、、徳川は源氏、、とありましたが、、あらら、、、徳川は源氏の日の丸を公用旗としてますね-、、、、、。
東葛の穴
2011/11/04 18:46
はじめまして
日本の国はとても複雑ですね。
とてもわかりにくいと思います。

国旗については私はもう少し先の時代にいかなくてはわからないと思います。アメノヒボコと赤い玉という説もあるのですが、私はこの方の考察が本当ではないかと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/efraym/e/c07ae7011031a641f2cfddd85ffcd8f3#comment-list

国歌についてもとても複雑な問題があります。
古今和歌集巻七賀歌巻頭歌 題しらず、読人しらず、国歌大観番号343番が原型だと思うのですが、調べると藤原道長という影の人物に到達します。また、意味をある種の言語に変換すると思いもよらぬ内容になります。
http://www.saturn.dti.ne.jp/~ttshk/framepage1.htm

また、源氏と平氏については私は兄弟げんかだと思っています。ただし源氏は天皇になれないルールがあるので幕府になるのではないでしょうか?

また本文中の織田と豊臣の間にもう一人いるのではないかとも思っています。
 
 天皇家はすでに 南朝平家の時代になっていると思います。実際は平家というよりは○○○○ムなんだと思います。

最後になりましたが、百済と新羅についてです。馬韓と辰韓からどうして百済と新羅という国名になっていったのか?
 三韓時代から、居なくなった部族と関係があると思うのですが…どうでしょうか?
 たとえば、辰韓から抜けた秦氏とか?





マスターガンダム
2012/02/21 01:02
マスターガンダムさん
コメントありがとうございます。
またまた、、ヘブライ語との共通点で、驚きです、、、
君が代の、ヘブライ語訳は、興味深く、、
、、、やはり秦氏が思い浮かびます、、
更に興味深いのは、万葉集=マンエフシフ(神からの語り)など、、聖徳太子と、その一族であろうという、、大伴家持、柿本人麻呂、山上憶良が編集にあたるなど、、新たな歴史物語ができますね、、

-----copy----------

「君が代」ヘブライ文としての意味
「君が代は」の部分のみヘブライ文ではない為、「我が君は」から始まる歌を、「皇太神宮年中行事の雑歌」二首を混えて訳出したものを、挙げてみることにします。三首の歌の重複する部分を省略し、まとめると次のようになります。

 1.我が君は(の) 2.千代に八千代に 3.御坐さむことは 4.命を請はば 5.細石の 6.巌となりて 7.苔の生すまで

[ヘブライ語修復訳]( )内は、筆者注。
1.そして、私(このヘブライ文の語り手であるヤーウェ神)は貴方の立ち向かう者(ダビデ)を批判するだろう。
2.彼(イーシェ)は必ず、私に決めるだろう。
3.私は、彼を悲しませるような知らせは遮るだろう。
4.貴方(イーシェ)は傷つけられ苦悩した。
5.(このヤーウェ神に語りかけられている民と同じ)血続きであるところの私達のイーシェ。
6.貴方(イーシェ)が完遂させたしるしを、彼ら(七大天使)は告げるだろう。
7.私達のこのような証人による救い主。

この訳を見る限りにおいて「君が代」は、長文で記されたものの一断片に過ぎないことを読者は理解されることでしょう。
、、、略

--------------------
古代日本とヘブライ一掃政策
-卑弥呼から壱与へ-
西沢徹彦

買います!
東葛の穴
2012/02/21 11:22
こんばんわ
とても迷っていたのですが、日本の隠蔽についてです。
 日本の天皇制には様々なルールがあり、文武天皇のような中国系もいるのです。文武天皇は日本の歴史の中では隠蔽された高市皇子(後皇子)中国北斉の高氏(後主)の息子です。後主はコーカサスと呉が隠されていると思います。後皇子は自分の信じる宗教をを隠してまで、天皇になっています。この隠された宗教が東葛の穴さんを大和に導いてくれると思います。

長屋親王も同じです。ありえない形で葬られたのです。とても無念だったと思います。
中国が尖閣を我が領土と言っているのも中国系の天皇がいるからではないでしょうか?

また、君が代はもうすぐ終わる天皇制についての意味があることをお伝えします。ところで、天皇制が終わるっていうこと知っていましたか? 参考ですが、
http://www.asyura2.com/2003/bd22/msg/502.html
マスターガンダム
2012/02/26 01:10
武家政権について言及する前に承平天慶の乱について学ばれた方が良いかと思われます。
まず徳川家は当時茨城・豊田郡から発生していることから桓武平氏の流れを汲んでいる可能性が高いです。
そもそも源平合戦は桓武平氏&源氏VS伊勢平氏(平清盛率いる貞盛流平氏)であるわけで平氏同士の戦いでもあります。

そもそも平将門が居なければ源氏も平氏も権力を持てないですし、そもそも鎌倉時代のような武家政権は成立できませんでした。
/
2015/01/27 01:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
源氏と平家は百済系と新羅系の争い?? プチ農業のすすめ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる