ソーラー発電(100W程度)なら外国製完成キットがいいのでは、、

※2012.06.08自作ハイブリッド街路灯

ソーラーパネル+無線カメラ+LED照明灯+収納BOXが装填され、、、あとは、燃料電池の扱いをどうするか、、

画像


※あっと!!-----ケーブルを整理中にショートしました!!、、、ほんの1mm程度の、、電線からヒゲが出ていました、、、これにソーラーの端子が触れた、、、端末処理は丁寧にやらなければいけない、、、。

※たとえ、、仮結線でも、、ハンダによる端末処理は、、やるべきだね、、、

不器用では済まされない、、トラブルの原因となる、、。


画像


画像

ちょっと一部の接続が恥ずかしいけど、接続端子盤なども奥に付けた、、。

※光センサー(明るさセンサー)

cds(硫化カドミウム(りゅうかカドミウム、Cadmium sulfide))導電セル
暗くなったらLEDライトがセンサで点灯する、、光で抵抗値が変化するセンサーはcdsセルと言います、、、。
夜間のLED点灯のセンサーに使います、、、。

画像


※100Vの屋外用ですと、Panasonicなどで市販されています。
画像

EEスイッチ 品番EE8013 型式131P AC100V3A


画像


LEDライトがなくても、、、暗視カメラで、、この程度は見えます、、。
LEDライトは防犯灯です、、、。

画像


---------------------------

ソーラー電源の基本については、、、
大分、、勉強させていただいたので、、、本番の検討となると、、、
結論からすると、、、販売するなら、、安定性の高い、、キットの方が労力がいらない、、、

GOAL ZERO Sherpa
こちらの場合、、、ネット、Amazon.co.jpでも販売してる、、ソーラーパネル、LEDランプ、ACインバーターなどもオプションで使える、、、

画像


画像


米国GOAL ZERO社(製造は中国) 製 ポータブル電源 50Wh リン酸鉄リチウムイオン電池搭載  Sherpa 50 Power Pack (シェルパ50 パワーパック)
【電池種類】リン酸鉄リチウムイオン電池 【電池容量】約50Wh 【公称出力電圧】12V 【最大連結数】最大4台 【耐用回数の目安】2,000~3,000回 ケーブル
【重量】約1,060g 【サイズ】W212 x H46 x D156 (mm) 【付属品】充電用ACアダプタ、12Vシガーソケット出力用
【AC電源出力】別売(ACインバータ Sherpa UI) 【DC電源出力】12V シガーソケット出力用ケーブル付属 【USB出力】5.0V 1.0A
【連結用出力】120W (12V 10A) (8.0mmポート) (連結 又は ACインバータ接続用)
【AC電源入力】充電用ACアダプタ(45W)付属  【ソーラーパネル入力】各ソーラーパネルの仕様による (4.7mmポート) 【DC電源出力】別売 充電用シガーライターアダプタ
【充電時間の目安】NOMAD27 (Solar) 約2時間、NOMAD13.5 (Solar) 約4時間、ACアダプタ/シガーライター 約2時間
【給電時間・回数の目安】液晶テレビ(15-19インチ):2時間、携帯電話:満充電25回、iPad:満充電2回、ノートPC:満フル充電1回
正規代理店アスク保証 日本語取扱説明書付


--------------------------------------------------------------------------------


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック