グリーンエネポール 人工太陽光ランプは高額

輸送の問題で、、リチウムイオン電池を充電せずに納品されるため、、入荷検査でチェックが出来ない、、、。

通常は100V電源からAC-DCコンバータスライダー装置で商品ごとに電圧を調整して、、テストと充電をするのだが、、ソーラーパネルの発電から充電したい、、、、

考えられるのは、人工太陽光装置の導入だが、、、これがやや高額だ、、、メーカーさんに怒られるかも知れないが、、100W光で25万円前後は、、普及する価格とは思えない。
検査装置としては、、普通の価格でしょうが、、
つい、、蛍光灯や、、LEDランプと比較してしまう。

画像


仕方がないので、暫らくは、、、、実際の環境で自然光で充電することにした、、。動作テストも兼ねるので性能の把握にも、、、なる。

画像

近所から、また、変な目で見られそうです、、。

ただ、、雨天が続くので、、、困ります。、、、人工照明をもっと安価にしてチョウダイ。

--------------

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック