じーさん徘徊 川越 星野山 無量寿寺(天台宗別格本山 中院)その1

自宅から1時間半、、、最近は人気の観光地となった「川越」に行く、、、
すごい、、人気の「蔵通り」「お菓子横町」は足の踏み場も無いほどの人ごみ、、、
外国人も多い、、
画像


30年ほど前になるが、、、サラリーマン時代、、地元埼玉県では有力な地場企業のS事務機という会社さんと一緒にセールス活動をしていた。
S事務機は、コンピューターから文具まで扱う会社で、コンピュータ専門学校も運営していた有力企業だ、、、秩父出身のS川越支店長は、専務で根っからの商売人、、いろいろ勉強させて頂いた、、。

担当になってまもなく、、O信用金庫さんから、全店にある商品を納品することになった。S支店長は上機嫌で、、お礼ということで、私を1週間毎日、、夜間接待してくれた、、。怪しげな田んぼの中のスナックから大宮市内の高級料亭の離れまで、、車ではカラオケを歌いながら、、セールスの持論を聴かせてくれたもんだ、、。その専務も、、今はいない、、。その川越に久しぶりに出かけた、、、。
画像



おみやげやで案内地図をもらった、、、今回の訪問目的は、有名な「喜多院」の近くにある「中院」であるが、、観光拠点の印は無い、、、

そもそも、、「喜多院」は、、、かって「北院」と呼ばれていた場所だ、、。

--------wiki----------

平安初期の天長7年(830年)、淳和天皇の命で円仁(慈覚大師)が建立し、当初は無量寿寺と号した。無量寿寺には北院、中院、南院があり、伏見天皇が「尊海僧正」に命じ関東天台宗の本山とした。後伏見天皇は東国580寺の本山としての勅書を下し、後奈良天皇は星野山の勅額を下した。永禄年間(1558年 - 1570年)頃までは3院が存在していたが、寛永10年(1633年)に中院のあった場所に仙波東照宮が建てられた為、中院はさらに200m南方に移動し、南院は明治の初めに廃院となり、、、、、

慶長4年(1599年)、徳川家の尊崇が厚かった「天海僧正」が第27世住職として入寺し、寺号を「喜多院」と改めた。川越藩主となった老中・酒井忠利は喜多院の再興に当たった。慶長18年(1613年)には徳川秀忠の関東天台法度により関東天台総本山と定められ、500石の寺領を賜った。

--------------------------

平安時代に、、第3代天台座主の円仁(慈覚大師)によって開山したものである。

※円仁
入唐八家(最澄・空海・常暁・円行・円仁・恵運・円珍・宗叡)の一人。下野国の生まれで出自は壬生氏。

つまり星野山 無量寿寺は、江戸時代に、、

北院-->喜多院
中院-->仙波東照宮
    --->現在地に移転
南院--->明治時代に廃寺
画像

<南院は、空き地のようなスペースに>
画像

<やや寂しい、、仙波東照宮>

寺院の中核であった「中院」は、静岡県の久能山に葬られていた家康の遺骸を日光に動かすときに一時川越の喜多院薬師堂に滞留し、天海僧上が導師となり、4日間法要した、更に家康公の像を彫り、それを祭って仙波東照宮造営した、、そのため、中院は200m横に移転することになった。

画像

<ここが山門か、、な、、>
画像

<すぐ横に、、さらに立派な山門が、、、>

門前には、、、2柱の石碑が、、、ある。

画像

左側にあるのは、「日蓮聖人伝法灌頂之寺の碑」とある。

※伝法灌頂
伝法灌頂(でんぼうかんじょう)とは、阿闍梨という指導者の位を授ける儀式である。真言宗では、伝法灌頂を受け阿闍梨位を得て、はじめて正式な僧侶と認められる[1][2]。

「あの方」は、建長5年(1253)清澄寺で立宗宣言の頃、ここ川越で当時の「関東天台宗開祖の尊海僧正」から「恵心流」の伝法灌頂を受けたということが伝わる、、、。

ただ、、
--------
天台宗比叡山の山門には源信の恵心流と覚運の檀那流があり、恵心流は椙生流と宝地房流、檀那流は慧光房流と竹林房流と毘沙門堂流に分かれていました。
慧心流は本覚法門といって、仏の境地から一切衆生はそのまま仏であるという教えを説き、
これにたいし、檀那流は始覚法門といって、凡夫より次第に修行して仏になるという法論的な教えを説いています。

「あの方」が20代に師事した「俊範」ですが、、その父は大納言法印「範源」で、、、範源から慧心流椙生の附法を受けています。
-----------
「天台宗の清澄寺」の秀才であった「あの方」は、、比叡山での12年間の修業を終えて天台沙門として、、独立するに当たり、、当時の関東天台宗開祖である尊海僧正から、、僧侶の資格を受ける、、のは自然であったでしょう、、、。

尊海は、当時の天台宗が密教に偏り過ぎることを懸念して、、法華経への回帰運動をしていたとも言われています。

「あの方」が、、若き頃に師事した「俊範」、、そして伝法灌頂を受けた「尊海」の影響が無いとは言えない。

-----------
また、このころ川越には貫名類(あの方の父「貫名次郎重忠」の縁者、、遠州袋井市)がおり、あの方は数カ月に渡る伝法灌頂(でんぼうかんじょう)の修業の中で、、縁者と会い自身の出自などを訪ねたと言われる、、、。

----------------------
さて、、、ここからが難解だ、、、

あの方が清澄に登ったのは、、12歳、、鎌倉での修業を終えて、、19歳には比叡山に12年間の修業に出る、、そして32歳、、法華宗の棟梁となり、、長い法戦が続く、、、。

「あの方」が、、立宗宣言から二十七年、、、虚空会の儀式を文字で描いた文字曼荼羅を出世の本懐とする、、

あの方は
、、この御本尊は世尊説きおかせ給いて二千二百三十余年が間一閻浮提のうちにいまだひろめたる人候わず、漢土の天台日本の伝教ほぼしろめしていささかひろめさせ給わず当時こそひろまらせ給うべき時にあたりて候へ、、

あの方は
妙法蓮華経と甲すは漢語なり、月支には「薩達磨分陀利伽蘇多攬」と甲す、、、、

※サッダルマブンダリーカスートラ
サンスクリット語の原典「サッダルマ・ブンダリ-カ.スートラ」邦訳(正しい教えの白蓮)妙法白蓮華経のこと、、、

さて、、あの方の曼荼羅の両脇氏に、、梵語が書かれている、、
それは、、密教の仏である両部(「胎蔵曼荼羅」(胎蔵界曼荼羅とも)、「金剛界曼荼羅」の2つの曼荼羅を合わせて「両界曼荼羅」または「両部曼荼羅」と称する。)の神が、、左に愛染明王(マハーラーガ(mahārāga)、、右に不動明王(アチャラ・ナータ [2](अचलनाथ)が梵字で記される、、、大日如来の化身だと言います。

※ちょっと待って下さい―――!!
つーことは、文字で書かれているが、、、愛染明王とか不動明王は
こんなお方が、、、両脇に立ってる図、、、ってことだね、、。

画像

愛染明王


画像

不動明王

まあ、、フギアとしては可愛いけど、、、
よく、、、お寺の山門の両脇に立ってる、、、お方ですかね、、、、。
不動明王は炎があるから、、拝火経の出身ですか、、、
文字だから、、あまり意識しないけど、、、絵像にすると、、、
このお二人(神)が仏壇に立っていられると、、、ケッコー抵抗感あるかも、、、、、

実は、、、「あの方」は絵像は苦手のような、、話も聞かないでもない、、、
柴又の帝釈天に、、、日蓮作の板帝釈天と言うのがあるらしい、、、が、、、
その絵の出来栄えといえば、、ちょっと、、私には言えません、、、。

拙者関連Blog
空と海と  その3( 長安)
http://tokatu1.at.webry.info/201101/article_9.html


平安からの当時、、「理同事勝」と言われた日本仏教界の常識を、、大きく転換したのです。

主体は「法華経」「サッダルマ・ブンダリ-カ.スートラ」で、、釈尊も、その他の神々も脇氏である構図となるのです、、

理同事勝
理同とは法華経と真言宗ともに一念三千の理論は同じことをいい、事勝とは(実践の方法で)真言宗には印と真言の秘法があり、これにより、即身成仏に違いがあるとして、『法華経』よりも真言宗が勝れているとした真言偏重の教学です。

あの方は当初は
清澄寺に帰り、『戒体即身成仏義』を書き上げたときは、真言宗の方が修法の面において、やや勝れていると考えていたことがうかがえます。

-----------
※釈迦滅後八百年ごろ、、、大乗派により創作された「法華経」、、その経典は、、そのドラマチックなスペクタクル物語で、、二千年余もの間、、そして、、今も、、求道者達を幻想の世界にいざない、、無明に苦しむ多くの人々に明かりを灯しているのです、、、。

拙者関連Blog
「D地点」で誕生した  (googlの旅  )
http://tokatu1.at.webry.info/200910/article_1.html


つづく、、、、、。

























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック