じーさん徘徊  東北の夏 花巻その1 猫の事務所

ねぶた祭り(青森)が見てみたい、、宮沢賢治の里(花巻、盛岡)に行きたい、、直観的な理由で、、宿とレンタカーだけ確保して2泊3日の予定で東北新幹線に乗車した。

花巻温泉には18:00に到着し、早速に露天風呂で汗を流してビッフェスタイルの夕食でビールを楽しみ部屋に戻ると、、日頃の疲れがどっと出たのか気が付くと12時間の眠りとなって、、すでに朝である、、。

■羅須地人協会
大正15年(昭和元年)花巻農学校の教師を退職してから、、別荘で独居自炊生活を始めた賢治は、その夏に、そこで「羅須地人協会」を設立した。
地域青年や農学校時代の生徒などに農芸化学の基礎、副業制作品の開発、芸術論、合奏、物品交換など私塾であり稲作肥料相談や花巻温泉の花壇設計、稲作出張指導など実業の活動拠点ともなった。
”羅須”の意味については諸説あるようですが、、素人の自分としては”修羅”を裏返したものという説を採用したい。

画像

--羅須地人協会で本統(ほんとう)の農民になると意気込んだ---
画像

--この場所を農民の私塾とした-----

画像

---本統(ほんとう)の農民への意欲を感じる玄関先「、、畑に居ります」---
画像

--父政次郎が教職を退職後に建てた別荘だ(現在の岩手県立花巻農業高校内に移転された)---
画像

--市内には弟の清六が引き継いだ生家の宮沢商店があった----

AM8;30 賢治が設計したという、、花巻温泉の公園花壇、、今はバラ園として観光客を楽しませているが、、横目で見ながら、、レンタカーを発進させて、まずは宮沢賢治記念会館に向かうことにした、、
画像

画像

--おや、、ソーラーライトが、、----------
画像

--記念館入口”猫の事務所”の一番書記の白猫と二番書記の虎猫でしょうか--

一見してかわいらしい猫のお迎えなのだが、、、
宮沢賢治作品は、、重い、、”猫の事務所”について少し読んでみると、、これは、、気弱な私は、、少し気が重くなります。
何気ない、、日常の所作が陥りやすい危険、、猫の事務所の4番書記で病弱なカマ猫を傷つけてしまうという、、このストーリーは賢治の体験に基づくのでしょうか、、、

--------------------------

猫の事務所〔初期形〕

 ある時猫どもが相談して途方もない大きな黄色な野原のまん中に 一つの事務所を建てゝゐました。

 それは主に猫の戸籍をしらべるので、生れたものを猫原簿につけ たり死んだのを消したり、居所の変ったのを直したりするのでした。

 書記はみな短い黒の朱子の服を着てそれに大変みんなに尊敬され ましたから何かの都合で書記をやめるものがあると若い猫はどれも どれもみんなそのあとへ入りたがってばたばたするのでした。けれ ども事務所の書記の数はいつもたゞ四人ときまってゐましたからそ の沢山の中で一番字がうまく算術のたっしゃなものがやっとえらば れるのでした。

 事務長は大きな黒猫で眼玉などは中に黄金の蜘蛛の巣が幾重もは ってあるのかと思はれる位立派に出来てゐました。

 その部下の
 一番書記は白猫でした、
 二番書記は虎猫でした、
 三番書記は三毛猫でした、
 四番書記は釜猫でした。

 釜猫といふのはご存じですか。これは白猫や三毛猫とはちがって 生れ付きではないのです。生れ付きはやっぱりあたり前の猫ですが 夜かまどの中にはいってねむる癖がある為にからだが煤できたなく なり殊に顔には釜の底のすみがついて何だか狸の兄弟分らしい猫の ことを云ふのです。

 釜猫は大抵の仲間の猫には嫌はれるのです。けれどもここでは事 務長が黒猫なもんですから四番書記の釜猫はあたり前ならいくら勉 強ができてもとてもはいれない筈のを四百人の中からえらばれるこ とが出来たのでした。

 事務所の大きな室のまん中に事務長の黒猫がまっ赤な羅紗をかけ た卓を控えてどっかり腰をかけその右側に一番の白猫と三番の三毛 猫、左側に二番の虎猫と四番の釜猫が小さなテーブルを置いて腰か けてゐました。


http://why.kenji.ne.jp/kohon/803nekonojimusho.html

青空文庫 校正編
https://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/464_19941.html

尾形亀之助編集の雑誌『月曜』の大正15年(1926年)3月号に発表された作品

猫の事務所は、、、稗貫郡役所がモデルであり.1926 (大正15) 年6 月30日に閉鎖になる,  「猫の事務所」はこの年の3 月に発表されている。郡役所の廃止は既定のことではあったが遅延していたのを、浜Ll雄幸蔵相の緊縮財政のもと廃止が確定し,浜口が内相の時,廃止される。獅子はライオンとあだ名された浜口なのである、、、、、、、

宮沢賢治「猫の事務所」と郡役所廃止
一政治的世界・民俗的世界・賢治の内面世界の重層性一
米地 文夫 (岩手県立大学)
https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20180811171736.pdf?id=ART0009061573


つづく



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック