じーさん徘徊 東北の夏 盛岡さんさ踊り

PM2:30予定通り盛岡駅に到着し、レンタカーを返す、、
盛岡のさんさ踊りを観たいので、、岡市民文化ホール(マリオス)に向かう、、こちらでは

『伝統さんさ踊り競演会』を開催します。2018ミスさんさ踊り・さんさ太鼓連による「華麗なさんさ踊り」と伝統さんさ踊り団体による「味わいのある伝統さんさ踊り」等をお楽しみいただけます

ということで、サブ会場のマリオスに行くとタイミングも良く2018ミスさんさ踊り・を観賞できました。

画像

盛岡駅西口マリオス会場にて
画像

--東北のパワーに感動しました--

■さんさ踊り (さんさ踊り実行委員会より)
藩政時代より踊り受け継がれてきた"さんさ踊り"の起源は、三ツ石伝説に由来しています。
その昔、南部盛岡城下に羅刹(らせつ)という鬼が現れ、悪さをして暴れておりました。困り果てた里人たちは、三ツ石神社の神様に悪鬼の退治を祈願しました。
その願いを聞き入れた神様は悪鬼をとらえ、二度と悪さをしないよう誓いの証として、境内の大きな三ツ石に鬼の手形を押させました。(岩に手形…これが"岩手"の名の由来だとも言われています。)
鬼の退散を喜んだ里人たちが、三ツ石のまわりを「さんささんさ」と踊ったのが"さんさ踊り"の始まりだと言われています。
-----------------
、、、でも、、”さんさ”の意味がわからん、、。

何処を探しても、、、出てこない言葉、、ここはやはり、、古語と見るのがいい、、
なぜか東北の人は、、隠したがるのだが、、日本にはヘブル語で理解できる言葉は多い、、古代ヘブライ語では、、
--------
古代へブル語で「さんさ」は「喜ぶ」で「しぐれ」は「救い」とされるという解釈がある。それ故、「さんさしぐれ」は「救いを喜ぶ」という意味になる。
--------
、、、らしいですよ、、、。”さんささんさ(喜べ喜べ)”と鬼(異人)が去ったことを、、”喜んだ”、、、この方がずーと理解できます。
素人の見解では”さんさ”は古語で”喜ぶ”が語源であることを採用する、、。

なお、さんさ踊りのかけ声”は

「サッコラ チョイワヤッセ」という掛け声のサッコラは、漢字で書くと「幸呼来」となり、幸を呼ぶという意味。ちなみに、伝統さんさの一つ「キッキィエカッコ」踊りは、「吉祈栄活呼」とも書き、吉を祈り、栄ある活力を呼ぶという意味といわれる。

らしいのですが、、こちらも調査する必要がありそうですね。

関連Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E3%83%A6%E5%90%8C%E7%A5%96%E8%AB%96

16:30頃 盛岡から新幹線で、、青森に向かいます。


















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック