企業分割による事業承継を実行中③---ロイヤリティー契約にする

ブログの利用代金の支払いカードを変更した際にログインが出来なくなり、、再開するとシステムが様変わりしていた。2007年から続けているブログなので移籍も面倒だし、、BIgLobeのこの中途半端なシステム変更は裏で一体何が起こったのか?
○○が見えるので○○が買い取ったのか、、、
ill03_01.jpg

■事業承継とロイヤリティー契約で実行

さて、企業の事業継承のやり方は千差万別だ、、今回当社は新しい会社を設立し、、旧企業の事業を継承するという計画だが作業が厄介だ、、、資産の承継にはプラスの債権とマイナスの債務がある。
素人的にはプラス承継資産とマイナス債務承継で値が同じなら、、そのまま一体で移行できると思った、、、が、、母体になったヌケガラ会社には、債務免除益という利益が発生すると言う、、借金が無くなるのだから反対勘定の利益が発生するでしょう、、と言うのだ、、。
例えば、、一億円の借金を債務承継すると利益計上を1億円計上する、、なにも出来ないと法人税が4000万円取り立てられるらしい、、、おったま!!

そこで、、考えたのが無形資産(称号、電話番号、お客情報、取引先、技術資産、保守契約など)をロイヤリティー支払いに、、什器備品、車両などはレンタルに、、建物は家賃に、、借金は新会社が借り入れて迂回融資で返済、、、これで、、毎月支払い清算にする、、、ことにした。

収入は収入だが5年レンタルなら収入が分割されて、、経費相殺もやり易い、、、
コンサルタントに聴かないだけに、、けっこう、、ユニークだと思います、、、。
じーさんの戦いは続きます、、。







この記事へのコメント