テーマ:古代史

じーさん徘徊 東北の夏 盛岡さんさ踊り

PM2:30予定通り盛岡駅に到着し、レンタカーを返す、、 盛岡のさんさ踊りを観たいので、、岡市民文化ホール(マリオス)に向かう、、こちらでは 『伝統さんさ踊り競演会』を開催します。2018ミスさんさ踊り・さんさ太鼓連による「華麗なさんさ踊り」と伝統さんさ踊り団体による「味わいのある伝統さんさ踊り」等をお楽しみいただけます …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別展「始皇帝と大兵馬俑」&KINGDOM

国立博物館での特別展「始皇帝と大兵馬俑」に行く、、 2006年に教育U会の中国視察で、、実際の兵馬俑を観ているのだが、、当時は圧倒されるだけであった。 紀元前247-210に「天下一統」、、(統一とは言わないらしい)、、して現在の中国史が語られる秦王朝、、十三歳で秦王に即位し三十九歳で天下を統一して「始皇帝」となり、十二年後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じーさん徘徊 そうだ!鎌倉に行こう-③ 若宮(wakamiya)

<鶴岡八幡宮 神社仏閣の建築美に巧みを感じる> <平成22年3月10日台風により天然記念物の大銀杏が倒壊した> ※本殿に向かう階段は、、手すりがありません。シルバーの方は慎重に登っていました。 降りる時も怖いです。バリアフリーは馴染まないのでしょうね。 ※鶴岡八幡宮のルーツは? 宇佐八幡宮(九州大分)→石清…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じーさん徘徊  ボロブドウール寺院(インドネシア、ジャワ島)は大乗教密教系だった

2014.12.26~12.31 体調不充分ながら、、予約を入れておいたジャワ・バリの旅に夫婦で出かけた、、。 ツアーの募集は、60歳以上の限定だったが、、、この日の参加者は私達1組のみであった。 「現地ガイドさんは、、もうKさんの専従ですので何でも言ってください」、、 と成田で旅行会社の担当者は言うが、、かえって煩わしいわ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザックリ 出雲の国譲り―④ 出雲は日本海、尾張、関東、蝦夷連合国の首都?

サラリーマン時代に10年ほど勤務地であった埼玉県大宮市に、、「武蔵の国氷川神社」がある。 今は、、「はやぶさ」の開発協力メーカーで知られるが、当時はパソコンのトップシェア―を誇ったメーカーの関連企業の大宮支店に勤務していたのだが、、支店のあるビルは市役所の近くにあった。 この近辺の会社は、、正月の初出勤日には、、、ここの「氷川神社」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザックリ 出雲の国譲り―② 八重垣つくる その八重垣を

さて、、出雲に放浪するスサノヲは、、、川のほとりで上流から流れて来た箸を見つけます、、、 ■ヤマタノオロチ退治 上流には誰かが住んでいるな、、と気がつき、、川を遡ると、、上流には、おじいさんとおばあさんが住んでいました、、。 老夫婦がシクシク泣くので話を聞くと、、八人の娘が居たのですが、、毎年やってくるヤマタノオロチという大蛇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザックリ 出雲の国譲り―① スサノヲが高天原から追い出されて地上で放浪する

来月は社内シルバー旅行で、、出雲に行きますので、、少しお勉強します。 古事記は、、、40天武天皇の企画された帝紀、旧辞の討覈の事業を、天武没後二十五年(和銅5年、DC712)に完成、、太安万侶が42元明(女)天皇の代に献上したもので、、その後、、養老4年、DC720には、目的を異にした日本書紀が編纂されています。日本の歴史は、、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三柱鳥居と三井 その謎--② 播磨から飛鳥を訪れた普洞王

「播磨」と言えば、、NHK大河ドラマ「黒田官兵衛」の出身地であるが、、、 この近くには、、また、、秦氏の秦河勝の墓があり、、、更には聖徳太子の生誕地と言われ、、最初の斑鳩寺(播磨)を建立した地でもある、、、。 斑鳩寺(播磨)---Wiki--- 兵庫県揖保郡太子町。聖徳太子は推古天皇から賜った播磨国揖保郡の地を「鵤荘」と名付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三柱鳥居と三井 その謎--① 大避神社

-------Wiki------- ■大避神社(おおさけじんじゃ) 大避神社(おおさけじんじゃ)は、兵庫県赤穂市坂越(さこし)にある神社。 祭神[編集] 大避大神 天照皇大神 春日大神 秦氏は、6世紀頃に朝鮮半島を経由して日本列島の倭国へ渡来した渡来人集団とされる。 ※『日本書紀』において、応神天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風薫るから、、都内散歩と「キトラ古墳壁画展」

2泊3日の奈良・明日香・斑鳩の旅から帰ると、、ソーラーライトの注文が集中、、 翌日から12時間労働を2日間で、、なんとか、、こなしたが、、かなり疲れた、、、。 気分を変えるために、、、 連休前の、明日香路では、都内に出張中で見られなかった、、、「キトラ古墳壁画」(東京国立博物館4/22~5/18)に行きながら、、「六義園」と、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「さいたま」に渡来した玄奘三蔵法師 その⑧  法論 大乗はガバーリ外道? 付記:日本の法論

「法論」は、仏教では議論、討論、論争のことですが、、法論は真剣勝負なので、、、この勝負のケジメは、厳しい、、。 このディベートに負ければ、、相手の論に従う、、相手の門下になる、、あるいは袈裟を脱ぐ、、といったものである。 -------------- ナーラン寺に戻った法師は、正法蔵戒賢法師の指示で、、衆僧に「摂大乗論」や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代アーリア人の宗教 インドラ神のお気に入り「ブアジュラ」

この写真の軍神「インドラ神」が左手に翳しているのは、「ブアジュラ(サンダーボルト)」という武器です、、、。 インドラ神は無敵の戦士と言われ、、、アーリア人は出陣するときは、インドラ神の加護を祈ったのです。 <インドラ神は、、漢訳されて、、帝釈天となる> 紀元前1750年頃、、中央アジアを拠点としていたアーリア人の部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「さいたま」に渡来した玄奘三蔵法師 その⑤ ガンダーラの仏典 

※、、、玄奘三蔵法師一行は、、東南に山道を進むこと五百里あまり、、健陀羅国(ガンダーラ国)に至った、、。 この国の東は信度河(インダス河)にのぞみ、、都城は布路沙布羅(ペシャワール)という。 ※ガンダーラはギリシャ史料に、、Gandarae、、ダリウス碑文にGandaraとある、、。 「アレキサンダー大王」の東征以来、、多数の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「さいたま」に渡来した玄奘三蔵法師 その③ 龍樹菩薩;ヤンチャ青年が出家して菩薩に。。

市立図書館から借りて来た ①唯識三十頌(ゆいしきさんじゅうしょう)、、唯識思想 ②龍樹 空の論理と菩薩の道、、中観思想 だが、、 どうやら、、「龍樹、、」の方が読みやすい、、ここから入り込もう、、、。 龍樹(ナガールジュナ)は、、 大乗経は「空(くう)」が釈尊の真意であり、、部派仏教が実在の縁起を論じていることを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラブ共和国シリアと日本の秦氏との接点--⑤ 割礼

ユダヤと秦氏との関連を探る場合に、、よく言われる違いのひとつが、、「割礼」の儀式だ、、、、、、。 ---wiki--------------------- ※キリスト教のカトリックでは、12月25日をイエス・キリストの誕生日としているので、8日後に割礼を行うユダヤ人の習慣から、1月1日がキリストの割礼の日、としている。同じくキリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラブ共和国シリアと日本の秦氏との接点--④ 口伝「カッパーラ」

※秦氏(はたし)を追って行くと、、どんどん深みに入りこんでゆく、、、 どこまでも、、続く迷路、、、、ほんまにシンドイ、、、。 が、、進む、、。 ユダヤ教のトーラ(ヘブライ語: תורה‎) トーラーとは、旧約聖書の最初の5つの書である。モーゼの五書、律法(り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラブ共和国シリアと日本の秦氏との接点--③ 拂菻王波多力

唐の時代に、、拂菻王波多力(ふりんおうパトリアーク)という人物から、、伝道師が派遣されてきた、、、、。 一般的には、、「拂菻(ふろむ)」は東ローマ帝国を意味するらしい、、、 そして、、古代ローマ帝国は「大秦」とも訳される、、、。 中東地域が、、、一時ローマ帝国の配下にあったのは、、何時ごろか、、、 この時代に、、外交官や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラブ共和国シリアと日本の秦氏との接点--② 相撲

※相撲は神事であり、ヤコブの名前でもあった。 そして、、ヤコブが神の御使いと格闘したことが相撲のルーツという、、。 YouTube https://www.youtube.com/watch?v=U9NqwW6Bka8 ■いさらいの井戸→イスラエル井戸→ヤコブの井戸 京都太秦(うづまさ)の近くにある「いさらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラブ共和国シリアと日本の秦氏との接点--① いさらいの井戸

■肥沃な三日月地帯(ひよくなみかづきちたい、Fertile Crescent) とは、古代オリエント史の文脈において多用される歴史地理的な概念である、その範囲はペルシア湾からチグリス川・ユーフラテス川を遡り、シリアを経てパレスチナ、エジプトへと到る半円形の地域である。 歴史的シリア、、、 紀元前8000年頃にはこの地域では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(古事記より)-③ 「お盆」と「仮庵の祭り」は偶然か

皇極3年6月12日中大兄皇子と中臣鎌子による「大化の改新」というクーデターによって、、百年間にわたり豪族による天皇支配を続けたとされる、、蘇我氏の時代は終わった、、、、 ただ、、記紀が言うには、、このとき6月13日、、追いつめられた蘇我蝦夷らは、、厩戸豊聡耳皇子(聖徳太子)と蘇我馬子が編纂したとされる天皇記、国記や、珍宝の全てを焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(古事記より)-② ショムロンマークート(サマリアの王)とカナ文字

<スメラミコトは流浪の民イスラエル十二部族の果ての王か> 偶然同じ発音だった、、と言うには、、 二つの言語は、、ピッタリと合致する、、、、。 ①ヤマト->ヤーマト(ヤハウエの民) ②アナニヤシ->アナニサ(私は結婚する) ③ヤサカ->ヤサカ(神を見る) ④スメラミコト->ショムロンマークート(サマリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★アナニヤシ エヲトメヲ(古事記より)-①

※クリックして拡大してください。 古事記で最初に登場する、、イザナキノミコトとイザナミノミコト(邪那岐命、伊邪那美命)であるが、、、 天つ神一同から「この漂っている国を修め作り固めよ」と言われて、、神聖なホコを授けられ、、潮をかき回して引き揚げるたときに、、滴り落ちた塩が重なってオノゴロ島ができた、、。 その後に、、二…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ニュータウン葦原之中津国島の謎

※この島には、、古くは3万年の昔より、、大陸から海洋から北から南から、、様々な民族が、移住してきた、、   やがて、民族、文化の混沌から、、、葦原之中津国島(ASHIHARA NO NAKATUKUNI)と呼ばれるニュータウンが創られた。 他国からは奴国(NAKOKU)と呼ばれ邪馬台国(YAMATAIKOKU)と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秦氏の遺産  -稲荷はINRI-

聖徳太子の軍事、外交、財政のブレーンであった秦河勝が、太秦(うずまさ:京都右京区)に蜂岡寺(広隆寺)を創建したことは、よく知られている、、 秦氏は、、、養蚕、絹織物(ハタ織)、稲作、鉱山採掘、土木建築など、、さまざまな技術を日本に持ち込んだ、渡来系技術集団としても知られる、、 この集団が渡来したのは、、、応神天皇14年に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪の「君が代問題」が、、ヘブライ語だったら

大阪市では、、卒業式に「君が代」を歌うとか、、起立するとか、しないとか、、 問題になっているようですね、、、 こんな見方もあります。 まず、、もともと数種の歌があるが、、 我君ハ 千世子やちよに さざれ石升 い尤保と成て 苔乃む寿まで が、、、古歌と考えられる、、、、 君が代ではなく、、、我が君は、、、で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第29代「欽明天皇」は加羅国の「仇衡王」なのか?

※欽明天皇が実質的な任那の末王であると断定する説がある。 欽明天皇の宮号の「金刺宮」については、その読みは「カナサシノミヤ」ではなく「カシハラ」と読む 金=kasi(カシ)  宮=palli(ハル)  駕洛国(任那)の王姓である金官-金海 のことである。 26代の継体天皇(507~531)の後、27代安閑天皇は在位2年、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AD(Anno Domini)とBC(Before Christ)We Are The World

建国記念の日が2月11日として施行されたのは昭和41年からで佐藤内閣のときである。 それ以前 昭和23年に廃止されるまでは2月11日は 紀元節(日本書紀で神武天皇が即位されたという日)として明治5年(1872)に制定されていた。 これでいいのか?という意見は多いらしいが、、、が歴史の真実より、お話の世界の方が問題ないかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源氏と平家は百済系と新羅系の争い??

源氏一門と平氏一門の戦いとして知られる「源平合戦」であるが なぜか合戦絵巻の華麗さがばかりが残像として残っているのだが、どうも単純ではないらしい。 ---------wikpedia------copy------- 治承・寿永の乱(じしょう・じゅえいのらん)は、 平安時代末期の治承4年(1180年)から元暦2年(1…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

★縄文時代から日本は文明国であった★-2

ヲシテ文献のブログを読むうちに、こんなに「ひらがな」が縄文時代と同じなのかと思うと、素人には正直???です。 高野山観音寺の「子安観音」と「天然記念物白子不断桜」にまつわる話です。 24-58ですが ヒメヒトリ ネサメテイケバ マツサカニ セキトメラレテ シロコヤニ カエリチカツテ ネタマレノ ワガハジススゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

★縄文時代から日本は文明国であった。★

http://www.youtube.com/watch?v=Dm8zldpBVDU&feature=PlayList&p=AF4FFB4DAB5ACB42&index=0&playnext=1 縄文時代それは、、前1万5千年位から前2300位と言われています。 学校の授業では縄文時代は狩猟、、弥生時代は稲作、、、そんなイメ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more