テーマ:坂本龍馬

蕨の龍馬はマグロで盛り上がる

京浜東北線の蕨駅前の、居酒屋「龍馬・軍鶏農場」という店に入った、、、。 真面目でよく働いてくれた社員2名が退職することになり、社内の送別会は終えたようだ、、当時入社面接をした私としては、、大変残念ではあるが、5年と7年勤続した20代後半の、、営業と技術担当の二人の今後の健勝を祈りたいと、、慰労会を行なった。 「出会いと別れに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍馬の最後の手紙「暗号説」を支持はするが、、

高知県立坂本龍馬記念館を訪れた際に、、、記念館が発行した「坂本龍馬書簡集」を購入して持ち帰った、、、展示場には直筆も多数あったが、、、その中で、、 慶応3年11月13日、、龍馬暗殺2日前に、、、陸奥宗光に宛てたのが「龍馬の最後の手紙」だ、、 この差し迫った時期に、、のんびりと刀のやりとりですが、、書簡集の解説には、、 「慶応2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永井玄蕃と、龍馬暗殺、、幕府のストレスは非正規と零細組織に向けられた

京都町奉行にして大目付、、旗本若年寄、、かっては、長崎海軍伝習所の総監理(所長)、外国奉行、軍艦奉行、、、を歴任した、、超大物、、永井玄蕃頭尚志、、は作家三島由紀夫の高祖父(4代前の直系)でもある。 春獄の計らいで京都町奉行に就いた永井玄蕃は、勝海舟の上司でもある、、、その伝手で、、龍馬が再三に渡って、、この幕府の大物と会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎の龍馬「亀山社中」「花月」「グラバー邸」「出島」

九州バス旅行の最終日は、、、長崎、、、 前日(4/21)にホテルに到着したが、、生憎の暴風雨、、それでも、明日は最終日でもある、、夜の船大工町、丸山へ、、、TAXの運転手さんに丸山の「花月」前で写真を撮りたいので、、行ってくれ、、と頼む、、ついでにシャッター押してくれ、、ついでに、、イイ店、教えて、、と要求が多い、、 ■長崎出島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍 書初め(龍馬は両手を負傷した)

書初めをしてみた、、、。 右は龍馬の書を真似てみたもの、、 朱書きは、薩長同盟の龍馬の裏書、、、 ※薩長同盟の翌日(  )、慶応2年1月23日桂小五郎は大阪の宿で盟約を6項目にまとめて、 立会いの龍馬に裏書を依頼したが、、、寺田屋の襲撃で、「両手を負傷」した龍馬は、2月5日になって、ようやく裏書をした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都徘徊-その3(木屋町通り、、土佐藩邸跡付近)

2011.11.30 9:30ホテルを出る、、、、ちょっと昨夜の疲れが出ている、、、やはり昨夜の最後の酒がよくなかった、、 喫茶店でコーヒーを飲んで、、京都駅へ、、地下鉄で三つ目の烏丸御池で下車、、、ここから ゆっくりと、、、京都市役所前まで歩く、、、、 河原町通りの交差点を渡り、、、三条大橋の手前を右に曲がる、、、加茂…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都徘徊-その2(祇園-霊山護国神社-歴史館-清水寺-しょうざん-ギオンコーナー)

午前中に「伏見」を徘徊し、、、13:30京阪丹波橋から祇園四条へ、、特急8分¥260- 四条駅をあがり、、「南座」前を通り、、、「一力亭」を曲がると、、、祇園の「花見通り」、、、昔は一見さんはお断りの、お茶屋が並んでいたが、最近は気軽に入れる店も増えたとか、、、今日は夜にまた来るので通過する、、、、 「建仁寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都徘徊-その1(寺田屋騒動と原市之進という人物)

2011.11.29 新幹線東京発9:00「のぞみ」-は、京都駅に予定どうり、、到着した、、、、。 早速、荷物をロッカーに入れて、、近鉄経由-京阪電鉄で伏見に直行する、、、 各駅停車でも15分、、特急でも10分の、近鉄丹波橋から-京阪丹波橋に乗り換え2駅目の「中書島」(なかがきじま)駅で下車する、、、。 よーし来たぞ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  龍馬のモトカノ 「加尾」は自由民権運動家として明治40年まで生きた

■加尾 土佐勤王党の幹部となった平井収二郎(NHK龍馬伝では宮迫博之)の妹の「加尾」(同、広末涼子)であるが、、、 「平井家と坂本家は、同じ下士で、家も近い、加尾は龍馬の姉のおとめと一弦琴の稽古友達でした。加尾は龍馬より3歳下で、特別な関係だったようですね、、、(県立坂本龍馬記念館 三浦氏)」とあるように龍馬の元彼女だった、、、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落陽   室戸岬

2010.12.25 ああ、、陽が落ちる、、、土佐洋の水平線に、、、 できれば、、土佐湾に沈みゆく夕日を、、ただ眺めていたかった、、、 そんな、ロマンチックな絵を描いていたのだが、、今は、、とにかく明るいうちに室戸の岬に着くために車を走らせている。 55号線を、、進行方向、右100度の方向に、、太陽が沈んでゆく、、、中途…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北川村の中岡慎太郎 & 龍馬は薩長同盟で22億円成約 

2010.12.25 14:50 弥太郎の生家を、そこそこに中岡慎太郎の生家に向かう、、、、早くしないと室戸岬に着く前に陽が落ちてしまう、、、、 「奈半利町」という字が、なかなか読めなかった、、、「なはりまち」と言われれば、まあ、そうなのだが、、、 「土佐くろしお鉄道」はここで執着駅となっている、、 町の中を通り抜ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慶応3年10月29日から11月17日 弥太郎日記は空白に、、 

岩崎弥太郎は、学問の環境には恵まれていた、、、 医者の娘だった母、叔父二人は医者、、叔母は儒者「岡本寧浦(ねいほ)」に嫁いでいる。 弥太郎は、その縁で土佐随一の岡本寧浦の「紅友塾」に15歳のときにあずけられている、、、 やがて、学者の奥村慥斎(ぞうさい)の従者として念願の江戸に遊学することができ、、江戸では安積良斎(あさかごん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しまなみ海道-松山―道後温泉 &  桂浜

2010.12.23 飛行機は、広島空港に予定より10分遅れて10:00に到着した、、、 周辺を、つい歩きたくなるような、奇麗な空港だ、、早速歩いて5分ほどのトヨタレンタカーへ、、、 予定通り、山陽自動車道を岡山方面に進み、、途中尾道で一旦降りる、、尾道大橋から、、いよいよ西瀬戸自動車道(しまなみ海道)に入った、、、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍馬にはかなわん 高知城 山内家公邸 

2010.12.23 高知市に入る前に、松山で一泊した、、市内で食事をした際に、となりの席のおばあちゃん(失礼)二人と会話が弾んだ、、明日は高知に行きますが、、、、 「松山はほんとに綺麗な街ですね、、ここに住んでいるだけで誇りですね、、」お世辞ではなく、ほんとに美しい街だと思う、、、、、、 今は、坂の上の雲」で盛り上がってますねえ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武市(瑞山)さん!、、あんたって人は、、

12月25日(土)高知城、桂浜、から武市半平太の旧宅、瑞山神社、墓に向かう、、、 桂浜で時間を掛けすぎたので、、コンビニでムスビをほう張りながらの運転であった。 龍馬伝のイベントで華やかな高知市内、そして桂浜の龍馬記念館から、一転して観光客もほとんど見当たらない武市半平太の旧宅に着いた、、、 夫婦2人とカメラを向けるヒゲの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍馬、中岡の誕生の地へ、、、高知、室戸岬へ

なかなか、動機がないと動けないもんだ、、、 今年の夏の「上海行き」も、「上海万博」にかこつけて行ってきた、、、 ただ、万博が絶対見たい訳でもない、、、、その雰囲気が観たい、、、 NHK龍馬伝も終了して、盛り上がったところで、今、行かないと、恐らく生きてるうちにここには行かないかも知れない、、と、、フライト予約した、、。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビールのようでビールでない  龍馬1865

麦芽100%、ノンアルコールの「龍馬1865」であるが、、、 表記によると 「長崎に商社を創業し、グラバー氏との取引を始める。 その交友からビールを譲り受け、始めてビールを飲んだ年が1865年と言われています」 とあります。でもこの商品はビールではない。 ----------------------- ビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

慶応3年11月15日(陽暦12月10日)龍馬は中岡暗殺に巻き込まれた

慶応3年11月15日(陽暦12月10日) 京都特有の冷え込みのひどい冬日であった、、、。 PM3:00 龍馬、隣家の酒屋に寓居する土佐藩大目付 福岡藤次を訪問するも不在 PM5:00 龍馬、再び福岡を訪ねるも、まだ帰宅せず 福岡従者 和田某に次の注意を受ける 「先刻、名刺を持った使いの者が、坂本先生はお宅に来て居ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍馬 脱藩 その3(長州藩の本意)

1861年(文久元年)10月、龍馬は、「剣術詮議」を名目に讃岐丸亀の矢野一乃丞を訪ねるため、土佐を発ったのだが、、、本当の目的は武市半平太の書簡を持って、長州藩士久坂玄瑞に会うたことと、政情探索であった。 安政の大獄、そして桜田門外の変、、、、長州、薩摩そして幕府改革派の動き、、、、。 龍馬は、”ほんとは、どうなんだ”、、、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍馬 脱藩 その2(咸臨丸)

国論の統一と幕府の威信回復を急がねばならない。 1858年南紀派の井伊直弼は、大老に就任するや、アメリカとの通商条約締結と家茂の将軍継嗣を断行、更には皇妹和宮の降嫁(将軍家茂との結婚)による公武融和策をすすめるとともに、政敵一橋派の弾圧に及んだ。 皇妹和宮の降嫁(将軍家茂との結婚)による天皇家との和睦は、開祖家康が秀忠の娘和…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

龍馬 脱藩 その1( 朽ちた大樹)

人は、自分ではどうにもならない大きな時代の渦の中で、人生の決断を迫られることがある。 文久2年(1862)3月24日龍馬は、母屋で朝餉をとったあと、草履を履いた。いつもの癖で右肩をあげ、本丁筋を西に向かう。 通り道の瓦屋の店先に幼馴染みの龍太が妻のお麻と立っている。 龍馬:「おお龍太、元気でやっちょるか」 龍太:「、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竜馬伝2 児玉清の演技は沁みる

NHK「竜馬伝」1/10を見損じてしまったが、再放送まで待てず、「NHKオンデマンド」を利用することにした。 パソコンで登録して、ストリーミングで映像受配信するビデオオンデマンドだ。 利用金額315円は高いような当然のような。公共放送のオンデマンド相場が分かりません。 竜馬の父、坂本八平役は児玉清さん。. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more