テーマ:吉田松陰

お静とお松  (桜田門外の変)

お静にとって、「井伊直弼」という人間は夫と長男の仇討ちの相手である、、、。 夫である日下部伊三次(くさかべいそうじ)は、薩摩藩士であるが、運命的な過去を背負っている。 伊三次の父の名は連(むらじ)といい、ある事情で薩摩藩を脱藩して後、水戸領の高萩で私塾を開いているうちに、水戸藩主斉昭に知られ、その子伊三次は水戸藩に採用された…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more