白馬村-栂池自然園 ②

夏休みのプレゼントで、、2択、、①富士山の見える場所+(小田原)城 ②アルプス+松本城 どうやら、、松本城の希望が異常に高い、、②に決定 往路は、、あずさ15号 12:00で新宿から松本へ、、帰路は、、あずさ52号14.07で新宿へ 予約キップを確保した。予定通り15:00松本駅着、、ここからはレンタカーで白馬村へ出発、、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬村-栂池自然園

長い梅雨が明けて、、ようやく夏らしくなった8月2日、、孫達と白馬に向かった、、 白馬はスキー場としてオリンピック会場としても有名だが、、個人的には夏の白馬は思い出の多い場所だ、、 かって35年前、、サラリーマン時代に営業で5年間、、松本地域を担当していたことがある、、、 通常は群馬県前橋での仕事から信越長野経由で篠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業分割による事業承継を実行中...④ リース投資資産

じーさんは創業33年の小さな会社の事業承継を進めています、、。 資産の譲渡の中に、、自社リースやレンタルの承継があります。 ■リース投資資産と役所の単年度予算 かって、、平成16年以前に役所とのリース契約は毎年更新していました。理由は、、役所の会計は「単年度会計」だからです、、議会で毎年予算が議決され、その予算でしか執行で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業分割による事業承継を実行中③---ロイヤリティー契約にする

ブログの利用代金の支払いカードを変更した際にログインが出来なくなり、、再開するとシステムが様変わりしていた。2007年から続けているブログなので移籍も面倒だし、、BIgLobeのこの中途半端なシステム変更は裏で一体何が起こったのか? ○○が見えるので○○が買い取ったのか、、、 ■事業承継とロイヤリティー契約で実行 さて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男の料理  体に良さそうな食材で

小松菜とオオバの水耕栽培と、、本日のランチ、、、 1..小松菜のおひたし 自家栽培の小松菜を、、ゆでて、、絞って、、半分にカットして、、追いかつおのつゆをかけて、、カツオ節をのせれば完成、、 2.サバカンのなんとなくイタリアン 鯖の缶詰(水煮の予定が間違って味噌煮を開けてしまった)、トマト、新タマネギ、チーズ、タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5年前に設置したソーラーライトを確認

<単管48を活用したポールに取り付け> H氏とお茶した帰りに、、5年前に設置した流山のY駐車場のソーラーライトを見に立ち寄った、、。 G-ELS-7W+5W(現機種はG-ELS-10WS1+10W)と補助灯としてG-ELS-3W(現G-ELS-3W-1000L)が使われています。 役に立っているようだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぷち農業 だんご虫の大量発生

今年は1坪農業+水耕+ポットで、ジャガイモ、小松菜、ニンジン、トウモロコシ、水耕イチゴ、水耕トマト、水耕レタス、水耕アシタバ、ポットしょうが、でイチゴ以外は全て種から栽培となりました。ニンジン、トマト、トウモロコシは孫のリクエスト。 ナスとキュウリは生活食材として近々追加。 びっくり、、小松菜がやたらに食われると思って土を良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業分割による事業承継を実行中②--債務免除益

ジーサンは新会社を作って、、社員に事業を承継したい、、、。 しかも、、残りの人生、、無理せずに社会参加したい、、、。 ただ、それだけだが、、簡単にはいかない、、、、。 30年以上の事業で、、経営資産、、含み資産はある、、。 債務としては当然に銀行からの借り入れ、、銀行さんに借金はある。 含み資産と債務を帳尻合わせて承継…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業分割による事業承継を実行中(チェリーブラッサム)

年商5-6億円程度の中小企業だが、、事業承継のために○○ホールディング(またはShell抜けから会社)に分割しようと思い、、銀行に相談に行くと、、 「関連のコンサル会社を紹介しますよ」、、と言われ、、話を聴くと、、コンサル料が「500万円くらいですかね、、」と軽く言う、、。 会社を分割するだけで、、それは高くないかい?、、と素人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自営ソーラー発電所が落雷で修理代200万円など

ブログを暫くお休みしました。 ビジネスに追われて、忙しいのは忙しい、、家に帰り就き酒を少々入れるだけで、、夢現つにその日が終わる。 この間、、、思ってもいない印西の50kw発電所2か所がパワコン(インバーター)が全壊するという事故が起きたりもした、、原因は落雷と思われるが定かでない。本来はパワーコンディショナーは10年保証であるから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じーさん徘徊 東北の夏 盛岡さんさ踊り

PM2:30予定通り盛岡駅に到着し、レンタカーを返す、、 盛岡のさんさ踊りを観たいので、、岡市民文化ホール(マリオス)に向かう、、こちらでは 『伝統さんさ踊り競演会』を開催します。2018ミスさんさ踊り・さんさ太鼓連による「華麗なさんさ踊り」と伝統さんさ踊り団体による「味わいのある伝統さんさ踊り」等をお楽しみいただけます …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じーさん徘徊 東北の夏 花巻その2  春と修羅

恋と病熱 けふはぼくのたましひは疾み 烏からすさへ正視ができない  あいつはちやうどいまごろから  つめたい青銅ブロンヅの病室で  透明薔薇ばらの火に燃される ほんたうに けれども妹よ けふはぼくもあんまりひどいから やなぎの花もとらない 、、、 春と修羅   (mental sketch modi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じーさん徘徊  東北の夏 花巻その1 猫の事務所

ねぶた祭り(青森)が見てみたい、、宮沢賢治の里(花巻、盛岡)に行きたい、、直観的な理由で、、宿とレンタカーだけ確保して2泊3日の予定で東北新幹線に乗車した。 花巻温泉には18:00に到着し、早速に露天風呂で汗を流してビッフェスタイルの夕食でビールを楽しみ部屋に戻ると、、日頃の疲れがどっと出たのか気が付くと12時間の眠りとなって、、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柴又帝釈天の板曼荼羅が真跡なら、、

映画の寅さんで有名な柴又ですが、、参道の団子以外にもウナギ、川魚料理などを目的に出かける人も多い、、。 もちろん、、ここは帝釈天を本尊としたれっきとした日蓮宗のお寺です、、。 ----------題経寺サイトより-------- 経栄山題経寺(日蓮宗)と言い、寛永年間(1629)に開基され、開山上人を下総中山法華経寺第十九…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャガイモの収穫

ジャガイモの葉が枯れてきたので孫を呼んで収穫することにした、、 写真をとるよ、、というと、、こんなポーズ 今の子供は、、演出が多い、、スマホの普及と文化の変化、、とでもいうのか、、 やたら、、写真の写りにポーズをとる、、 今回はジャガイモカレーで収穫を祝う、、、
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャベツ&ブロッコリ収穫で男の料理

ここらで、、、キャベツとブロッコリを収穫、、、 ブロッコリは茎から切り、、洗ってからゆでる、、、アルミ箔に並べて上にハム、ツナ、チーズ、マヨネーズをかけてから、、、オーブントースターで7分加熱する、、、 キャベツは上から葉を剥がして適当な大きさに切って、、ゆでる、、、。 残ったキャベツの保存法は、、芯をくり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅酒/ジャガイモ、キャベツ、ブロッコリ、パセリ

1年経過した梅酒だが、、、いい感じ、、、です。 思い出すと、、砂糖の量はかなり多かったなあ、、試飲をして漬かった梅の実を3個かじったら、、もう充分。 近所のホームセンターで苗を買って、手抜き1坪農園、、ジャガイモ、キャベツ、ブロッコリ、パセリが大きな鉢と狭い敷地にぎゅうぎゅうに詰め。 今頃のキャベツは虫から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市川考古歴史博物館--② 大野の旧住民は成田の新勝寺に参拝しない

市川市の大野は、かって平将門(たいらのまさかど)の出城(でじろ)があったという言い伝えがあります。 奈良時代から平安時代へ、、朝廷の勢力は律令国家の熟成期、、蝦夷征伐にも力がそそがれ、、蝦夷地を制圧、、霊亀元年(724:奈良時代)陸奥の国が造られた、、坂東など八カ国から1000戸の住民を陸奥に移住させ、、開拓にあたらせます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市川考古歴史博物館 国府台-頼朝の再挙-千葉氏-冨木常忍

あれ、、運転免許証が期限が切れる!、、じーさんは今回から3年で更新であった。 あわてて、、高齢者講習を申し込み、間に合ったのは1か所、、市川市国府台の自動車学校、、13:00から15:00の2時間の受講を受けることにした。 この学校の近くには、、古くは大和王権の古墳が有り、、律令時代には国府、国分寺が置かれ、、鎌倉時代には千葉氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「無文銀銭と七支刀」発刊 H氏

古代史 「無文銀銭と七支刀」と題して、古くからの友人で会社役員もお願いしているH氏が、長年の古銭の趣味を集大成してこの本を出版した。 無文銀銭について、これだけ多くの写真を紹介する資料本は、今まで無かったので大変に貴重な資料だ、、と本人は熱く語ります。 無文銀銭は出土が少ないので古銭の価値も、すごいらしい、、、一千万円と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more