観賞用「麦畑」とスイカ・キウリの水耕栽培 


※人工芝キュウリ
2個目です、、やはりか弱そうです、、
画像




※2011.05.14
人工芝キュウリ
気がつかなかったが、花が咲いて小さな実がなっています。

画像

画像


人工芝の綿にも根がしっかりと張ってきた、、
画像




スイカ
ダイジョウブかな、、、
画像




-----------------


2011.04.20

画像


麦がもう穂を出しています、、、早過ぎないか?、、
近所でせまい庭に麦を蒔く人は、あまりいないので、、、、、
まあ、、
これは、観賞用ですから、、早く育つのでしょう、、やや季節外れの感があるが、活け花に使うにはやや季節は早い方がいい、、花屋さん向けか、、
不ぞろいなのは、手入れが悪いからですね、、

画像


キュウリとスイカを水耕栽培してみる
人工芝2枚の間に綿をサンドイッチしてある
となりは、ピートモスとオガクズが培地

※実は苗達は、”喜んでないな”と思ったりしてる、、
水耕栽培は、宇宙船や南極など自然から離れた世界でも野菜ができるような利用がされている、、
冬の厳寒地の屋内での栽培が可能だ、、
コンクリートやアスファルトの場所、砂漠でも新鮮な野菜ができるようにだ、、、
ようやく体が動かせる老人にも栽培できる、、利点がある
自問自答しながら、、もう少し、、続けてみる、、。


---------------------------------------

※本題と直接関係ありませんが、原発、、もういやだ、、
省電力を目指して、、以前から頑張ってる
マイクロ水力発電、マイクロ風力発電などを調べていきます、、、

エネルギーの循環なども、、

例えば
電車の起こす風力をマイクロ風力発電して駅の電灯に使う、、線路、道路の高架は太陽光発電パネルを張るとか、また、高架から集まる雨水で、マイクロ発電するとか、、あらゆる方法で自家発電を強化する、、、

※現在電車は、ハイブリッド自動車と同じように、、ブレーキを掛けたときにモーターから発電しているようです、、
通常運転の電力モーターは、発電機の逆の原理(変換効率の違いはあるが)なので回転してやると発電するわけですね、、、、、、と、、言うことは扇風機でも発電できると言うことですかね、、、アイデアが湧いてきそうです、、、


大企業に群がる学者と、電力をホンとは、もっと売りたい電力会社、、もうかる原子力関連ビジネス、、
おそらく、、対極なマイクロ発電は、、中小企業が頑張るべきだ、、、

工場、オフィス、交通、流通など経済を支える場所は、さすがに電気、ガスなどの省電力化を進めるにしても、
家庭や娯楽自販機は自家発電を推進すべきだろうと、、、自家発電の範囲で消費すべき思うのですが、、

自家発電法を制定するのはどうでしょうか、、
それとも、、、メリットがあれば、、法律なんて無くとも市場が普及して行く、、

TVや、冷蔵庫、パソコン、携帯電話を買うように、、マイクロ発電機を買うような、、、、、
そして、、原発を見直そう、、、


例えば

那須の水田水力発電
http://ourworld.unu.edu/jp/rice-water-power-micro-hydroelectricity-in-japan/

マイクロ発電の事例
※折角水道、下水道を流しているんだから、、それでミニ発電、、、やるべきだ、、
http://www.tgn.or.jp/teg/business/case_micro.html

株式会社イズミ
http://www.izumicorp.co.jp/#

街中で発電
http://kotobukibune.at.webry.info/201103/article_29.html

伊勢崎の下水発電
http://www.city.isesaki.lg.jp/data/gesui/isesakijyoka-c/hatuden.pdf

山小屋で使う電力
http://www.jac.or.jp/info/iinkai/kagaku/suiryoku.htm


究極の非電化工房を紹介します
http://www.hidenka.net/jtop.htm





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック