培地による発芽テスト

2012.05.25

画像



2012.05.18
10日経過、、

※だいぶ違いがはっきりしてきてる、、、やはり綿は厳しいのか、、培地の中に埋めないといけないのか
スポンジの時と同じに、、包み込む方がいいと思われる、、。

順番からすると、、
1.パーライト(保水分が多く背が伸びすぎヒョロヒョロしている)
2.バーミキュライト(全数発芽、、良好)
3.ピートモス(発芽2 遅い)
4.綿(発芽1 乾燥が早い)

と予想通りとなった。
なにかと、、バーミキュライトが保水、、排水共に優れている、、。

画像


---------------------------

2012.05.08

カボチャのような生命力のある野菜は、、ほっといても育つ、、という、、概念があるので、、なんの心使いもしなかったら
発芽率が悪すぎる、、、20%(5個しか撒いてないないけど、、)

悔しいので発芽テストをする、、、
カボチャの種は同一とする、、、

培地を替える

①バーミキュライト 
②パーライト
③ピートモス
④綿

水耕栽培のため、、今まで綿を利用してきたが、、ここは、しっかりテストする、、。
画像


しっかり、、水分を与えたら、、、
オーソドックスに新聞紙をかけて、スプレーで湿らせる、、、。
画像


これで発芽状態を確認してみます、、。

-------------------------
きうり、トマト、うり、、、はなんなく発芽しているのだが、、、

画像

画像


カボチャはこれ一個のみ、、、ちょっと口惜しいね、、
今回は、空中栽培を楽しみにしているのに、、、
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック