テーマ:古代史

古事記とシュメール語(日本人はシュメール人だった)

言葉の翻訳から発生する意思の誤解は、当然というか、間違いを起こすことはあるでしょうね。 ※いま科学や学問の進化が、翻訳を更新して、歴史を引っくり返すことがあるかも知れません。  いや、、、歴史の真実と虚とを、とんでもない展開で説明するのです。 壮大な歴史の誤解や謎で綴じられた扉が、、、、、、そのとき開かれるのです、、。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

古代史ミステリー

春過ぎて夏来るらし白栲の衣乾したり天の香具山    万葉集  持統天皇 誰もが知るのどかな初夏の風景を歌ったこの一首が、無血クーデターに成功した持統天皇(女帝)が、ついほ笑んで書き残してしまった万葉歌だというのだ。 ストーリーは複雑だ。もともと蘇我の血筋の母をもつ鵜野讃良皇女(うのさららのひめみこ:持統天皇)は天武天…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more